フェイシャルを受けている女性

劇的に少なくする

潤い

 現在、日本国内で行われている脱毛施術のうち、その効果に永久性が認められているのは絶縁針脱毛の施術だけです。意外に感じる人が少なくありませんが、美容外科クリニックの医療レーザー脱毛やエステサロンの光脱毛は、永久脱毛の方法として正式に認められるに至っていません。ですので、厳密なことを言うと、医療レーザー脱毛や光脱毛を宣伝する手段として、永久脱毛という言葉を用いてはいけないということになります。ただし、理論的にはほぼ間違いなく永久脱毛効果を得ることができる方法です。ではなぜ医療レーザー脱毛や光脱毛が永久脱毛の方法として認められていないのかというと、単に誕生してからの年月が浅いという理由があるためです。ですから、永久脱毛効果のある施術を受けたいと希望しているのであれば、クリニックやエステサロンへ行って、医療レーザー脱毛や光脱毛を受けるようにするとよいでしょう。

 生まれつき体毛が濃い人がたまにいます。体毛の濃さは遺伝的要素に大きく左右されるのですが、親が毛深い人だった場合、子供もまた毛深くなる可能性が高いです。一般的に北方系民族の血が濃いと体毛が濃くなると言われています。しかし、日本人は南方系の血を引いている人が多いため、それほど毛深くはないのが普通です。そんな中で自分だけが毛深くなっていると、それが大きなコンプレックスになってしまう可能性があります。毛深いというコンプレックスを抱えていることが原因で消極的になってしまっている人がいますが、体毛が理由で自分の人生の幅を狭めてしまうのは残念なことです。そのような人は、光脱毛や医療レーザー脱毛などで、永久脱毛してしまうのが一番です。施術を受けてコンプレックスから解放されれば、自分らしい人生を自由に送れるようになります。